介護施設は資格なしでも働けます!現役介護士が語る職場の実態

介護

介護施設で働く場合資格なしでも基本的には問題ありません。

しかし、資格なしの場合の給与や仕事内容、キャリアなど気になる点は様々あります。

それぞれ詳しくみていきます。

介護施設で働くためには資格はなしでOK

資格

基本的に介護施設で働く場合、資格はなしでもOK な場合がほとんどです。

ここで言う介護施設とは特別養護老人ホームや、老人保健施設などの大きな規模の施設を指します。

いずれも介護の資格なしで働くことができます。

資格を取得していない人の割合は施設にもよりますが、4割以上の人が資格なしという介護施設も あります。(実際に私が勤めていた施設でも大勢いました)

ハローワークの求人票を見てもらうと分かるのですが、「資格不要」と記載されている施設が多いかと思います。

現在の介護施設では、資格を持っている人も欲しいですが、それよりも人材不足の解消を求めているのが現状としてあることが理由です。

資格なしで介護施設で働く場合の仕事内容

介護施設で働くにあたって、資格ありの場合と、資格なしの場合で仕事内容はほとんど変わりません。

以下は介護施設における基本業務です。しかしこれらは全て資格がなくともこなすことができます。

資格なしでもできる業務
  • 食事の介助
  • 入浴の介助
  • 排泄の介助等
  • 認知症の方との会話
  • レクリエーション

介護施設において、特に重要なのは資格ではなく人間関係を構築するコミュニケーション能力です。

介護の仕事で唯一の国家資格である介護福祉士は「名称独占」と言われている資格です。

介護福祉士の資格を持っているから出来る特別な仕事があるという資格ではない意味です。

対して「業務独占」という言葉があります。

これは看護師等が含まれ、看護師の資格がないと出来ない仕事です。

資格がないとできない業務
  • 注射
  • たんの吸引
この事からも介護をする上でほとんどの場合は資格は必要ない という事が分かると思います。

資格なしなら介護施設で働きながら取得すればOK

資格なしでも仕事が務まるからと言って、決して資格がまったく不要であるという意味ではありません。

介護の資格を取得するという事は専門知識や技術を磨く事と同じです。

また、資格を取得すれば、資格手当てや時給にも反映されますので、取得しておいて損はないです。

介護施設にもよりますが、働きながら介護の資格取得を支援してくれるキャリアアップ制度もあります。

無資格の人の場合、最初に取得するのは初任者研修という資格です。昔はホームヘルパー2級と呼ばれていました。

この初任者研修ですが、各自治体や、大手の介護事業所であるツクイニチイなどで定期的に講義や講習会が行われています。

初任者研修には130時間の講義と実技が含まれており、そのカリキュラムをこなし、最後に1時間の修了試験に受からないと資格取得が出来ません。

130時間ですので、仕事をしながらだと半年程で取得出来ますし、最短だと2ヶ月内に資格を取得する事が可能です。

費用も開催される事業所によって変わりますが、数万円はしますので、それを介護施設で負担してくれるのですから、資格取得を目指してみるのがおすすめです。

介護施設で資格を求められるケース

資格

介護施設は資格なしでも働く事が出来ますが資格を求められるケースもあります。

特別養護老人ホームで近年主流になっているのがユニットケアという施設です。

従来型の4人1部屋ではなく、1人1人に個室があり、10人を1ユニットとしてみる介護施設の事を言います。

この1ユニットには必ず主となるリーダーを配置しなければいけません。これをユニットリーダーと呼びます。

ユニットリーダーもそうじゃない人も業務内容は同じですが、ユニットリーダーはその中で、物事を決めたり、職員のマネジメントや他職種との連携を通し介護を行っていきます。

一般の介護士よりも専門性が求められるので、介護の資格が必須になってくるのです。

また、先程話した初任者研修ではなく、より質の高い実務者研修介護福祉士の資格が必須になってきます。

介護施設の勤務で資格があると何が得なのか

資格

介護施設で働く場合資格なしでも問題ありませんが、やはり資格があった方が圧倒的に得なケースが多いです。

特に何が大きいかというと給与面で差がついてしまいます。

現在の介護では介護福祉士を取得している人の割合と国に介護処遇改善加算を申請しているかによって違うのですが、介護処遇改善加算の要件を満たしている場合、月の給料に最大で37000円(注)もプラスになります。

また、勤続10年以上経験している場合、2019年10月から月に80000円(注)プラスされる制度も整っています。

この事からも資格を取得していた方が良いです。

では、介護施設で働く際に資格がある場合とない場合のメリット、デメリットを紹介します。

実際に加算される金額は事業所の采配によって異なります。事前に電話や知り合いに聞くなどして把握しておくとよいでしょう。

介護施設へ資格なしで勤務するメリット、デメリット

メリット

  • 責任のある役職(リーダーや主任等)になる事がないので、ある程度気楽に出来る。
  • 資格がない事で、高度な介護を求められる事がない。
  • 事業所によっては夜勤の仕事がない(不規則勤務にならない)

デメリット

  • 給与が少ない。(基本給もだが、資格手当てや処遇改善加算の対象外)
  • 事業所によっては正社員になれない所もある。

介護施設へ資格ありで勤務するメリット、デメリット

メリット

  • 資格がない人より給与が高い(基本給や資格手当て、介護福祉士なら処遇改善加算)
  • キャリアアップを図れるので、役職につける。
  • 転職先でもすぐに役職がつく場合がある

デメリット

  • 責任のある役職になり、介護業務以外の仕事が増える。
  • 資格を持っているから出来ると思われ、最初から高度な技術を求められたりする。

 

ちなみに介護師の資格勉強はオンスク.JPがおすすめです。

オンスク.JP

月額980円でオンライン講座を好きなだけ受けることができます。

場所も時間も自由に自分で決めることができ、なおかつ圧倒的に安いので国内最大級の会員数を誇ります。

資格なしでも介護施設へ転職は可能

転職

資格がなくても介護施設へ就職は可能です。

介護に関する仕事探しでおすすめしたいのはカイゴジョブというサイトです。

こちらのサイトは介護に特化した求人ですので、聞きたいことや疑問に思っている事も教えてくれますし、自分が希望する施設形態だったり、給与だったりを参考に検索もしてくれます。

更に助かるのが、見学希望した場合段取りを取ってくれますし、就職希望する場合は面接日も調整してくれます。

介護事業所を詳しく知らないという人は、介護ジョブに登録して一緒に探してみるのもいいでしょう。

介護施設は資格なしでも問題ないが、あった方が得

介護施設で働く場合資格がなくても問題ありません。

介護施設で働くにあたって最も重要なのは「人間力」です。

一方で給与面などに注目すると資格があるに越したことはありません。

余力があれば積極的に取得していきましょう。

ただ、資格があっても人間力に乏しければ、表面的な介護技術は備わっていても、介護の人間関係といった本質を捉えるのは難しいです。

資格がなくても「人間力」がある人は質の良い介護が出来るので、資格がないからといって諦めずに介護の世界へ飛び込んでみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

竹林健

30代後半男性。介護福祉士。新卒で特別養護老人ホームにてユニットリーダーを5年経験。東日本大震災後、避難先にてデイサービス業務を4年経験。その後管理者兼生活相談員へ着任。翌年老人ホームにて副主任へ着任。その後うつ病発症。3年間休職。復帰後、サービス付高齢者住宅にてコンシェルジュ業務。2019年現在は一般の介護職員として従事。一般的な介護業務が中心。ライターとしての活動を開始。