看護師におすすめする転職エージェントは1社だけ!元エージェント社員が伝授

看護師の転職エージェントの会社はいくつかありますが、おすすめはやはりナース人材バンクです。

筆者は転職エージェントとして勤務した経験があり、約3年看護師の案件に携わってきました。

その中で実は、転職エージェントはどの会社ではなくどんなキャリアアドバイザーを味方に付けるかが重要であるという事を学びました。

ただ有名で実績があるからという理由でナース人材バンクを使用してはとんでもないを失敗してしまいます。

これから説明する転職エージェントを使用する際のポイントをしっかりと理解することが重要です。

そもそも転職エージェントとは

疑問

転職エージェントとは、サービスの利用者に対し有料な職業を紹介してくれるサービスです。

求人を探してくれるだけでなく、キャリア相談はもちろん面接対策や、充実したところでは面接の日程調整までやってくれるところもあります。

サービスの利用者は無料で利用することができます。

これは求人を出す企業が転職エージェントにお金を払う仕組みになっているためです。

そのため、求職者が転職に成功しなければ転職エージェントは利益が出ません。

いかに多くの転職を支援できるかが転職エージェントとって重要です。

しかし、上記を踏まえると無茶な転職の勧誘や、求人情報を過剰に良く伝えるなどが発生するのではと、不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。

しかし転職エージェントは求人側(病院など)と、ミスマッチにより求職者が早期退職してしまった場合は返金規定を締結していたり、転職エージェント同士で過剰な転職支援を行わない協定を結んでいたり、適切な転職支援を行うためのルールが整っております。

求職者の多くは転職エージェントを活用する傾向にありますが、それはなぜでしょう。

転職エージェントを活用することで次のようなメリットがあるからです。

転職エージェントを使うメリット

メリット

まず1つ目のメリットは求人検索時間、応募手続きの時間が削減できることです。

忙しい看護師にとって夜勤明けやお休みの日を、そのような時間に充てることはできないと言う方は少なくありません。

希望の条件を伝えるだけで求人情報だけでなく、過去の入職者の声なども聞けるかもしれません。

2つ目のメリットは転職エージェントが条件交渉を求職者に変わって企業と行ってくれることです。

就業条件(勤務時間や年収)はもちろんですが、最も多いのが入職時期に関するもので、そのような項目について転職エージェントが求職者に代わり交渉してもらうことが可能です。

病院などの求人主とも付き合いが長く、求職者が直接行うよりも交渉が成功する可能性が高いと感じております。

全て自身で行うハローワークやHPなどからの自主応募とは違い、以上の2点に魅力を感じるのであれば、転職エージェントを使ってみるのも転職の選択肢としてお考えください。

看護師におすすめ転職エージェントは1社だけ

転職エージェント

ナース人材バンクは歴史、紹介実績ともに数あるエージェントの中でトップクラスで、求人数やキャリアコンサルタントの質も高いことで有名です。

紹介実績が多ければ求人主との関係が良好であり、気になる求人の過去の入職者の声を聞けたり、求人が出た際早く情報をゲットできる可能性が高いと考えます。

看護師としての転職を希望の場合、ここ一択で問題ありません。

しかし、次に挙げる注意点を必ず知った上でサービスを利用するように気を付けてください。

転職エージェントのキャリアアドバイザー選びは命取り

転職エージェント

転職エージェントを活用するうえで、キャリアアドバイザーとの相性は最も重要です。

転職エージェントに登録すると、お住いのエリアや勤務形態などから担当のキャリアアドバイザーが決まり、電話等で求職者へのサービスが開始されます。

その基本的にはそのキャリアアドバイザーが最後まで支援しますが、担当の変更は可能なのが一般的です。

ここで良いキャリアアドバイザーに出会うことが出来れば、あなたの希望に最大限そった求人を親身に探してくれることでしょう。

逆にそうでない場合、いい加減な求人をとても良い求人と偽って紹介してくるようなことだってあり得ます。

このような事態を避けるためには良いキャリアアドバイザーと悪いキャリアアドバイザーの特徴を十分に知っておくことがポイントです。

良いキャリアアドバイザーの特徴
  • 約束のアポ時間を守る
  • 迷惑なタイミングで電話をかけてこない
  • 応募検討、内定受諾検討を求職者側に委ねてくれる
  • 企業のキャリアアドバイザー紹介ページに記載されている

逆に下記のような特徴にあてはまるキャリアアドバイザーに不運にもあたってしまった場合、速やかに担当の変更を依頼しましょう。

悪いキャリアアドバイザーの特徴
  • 約束のアポ時間を守らない
  • 連絡が頻繁すぎて私生活に支障が出る
  • 応募や内定受諾を強く勧めてくる
  • 話したくないセンシティブな事項についてもズカズカと踏み込んでくる
  • 求職者側の条件に対して「そんな求人ない。●●はどうですか。」のように、求職者の希望に対して努力してくれない。

キャリアアドバイザーと求職者は、人と人のコミュニケーション、相性で満足度が決まります。

是非、自身にあったキャリアアドバイザーを見つけてください。

転職エージェントを最大限に利用数3つの心構え

心構え

最後のこの記事のおさらいです。

看護師が転職エージェントを活用する際は下記のことに注意しましょう。

  1. 転職エージェントは使い方次第で大きなメリットがある。自身にあった転職方法の選択肢の1つとして考える。
  2. 紹介実績が豊富な転職エージェントがおすすめ。紹介実績が求人情報の質や条件交渉成功率に関係する。
  3. 自分自身にあったキャリアアドバイザーを選択しよう。転職をする、しないに限らず質の高いキャリアアドバイザーとの出会いがキャリアを見つめ直すきっかけに。

皆さんの転職活動が成功することを祈っております。

ABOUTこの記事をかいた人

野上 匠

営業系の会社員兼フリーライター。前職にて看護師の転職エージェントにて3年間勤務。看護師の転職事情や転職エージェントとの付き合い方など客観的で価値のある情報をお届けします。