男の看護師の実態を暴露!男性看護師の給料事情と年収アップの方法について

看護師

厚生労働省は平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)において、看護師や保健師などの医療従事者の人数などのデータを発表しました。

男性看護師は、対28年度と比べ、約1万人増え95,155 人(全体1,218,606 人うち女性 1,123,451 人)と看護師を目指す男性は確実に増えています。

そこで今回は、注目が集まる男性看護師の気になる年収や年収アップの方法をご紹介いたします。

男の看護師の給料と実態

看護師

男の看護師の平均年収は約500万円程度と言われています。

一般的なサラリーマン等の平均年収に比べると高いと思われます。

看護師の有効求人倍率は高く安定している職種であると言えます。

月々の手取り

月々の手取りについては、勤務先や個人によって変動します。

月給制であれば額面35万円程度で手取りは26〜28万円程度が目安になります。

一方、年俸制であれば額面40万円程度で手取りは30万円〜33万円程度が目安になります。

年俸制の場合、賞与分を込みで計算した年収を12分割した給与が月々支払われるのが一般的です。

福利厚生

勤務先が比較的大規模な医療機関などであれば、福利厚生がある場合が多いです。(個人の医療機関などは福利厚生が充実していない場合が多いです。)

福利厚生については、入職時に詳しく教えてくれない職場がほとんどですので、人事や総務に詳しく問い合わせることをお勧めします。

スポーツジムの優待券があったり、資格取得支援制度や法人内異動(研修)など、自分にあった福利厚生が見つかるかもしれません。

出世すると給料はどうなるのか

出世するともちろん収入は上がると考えるべきです。

ただ管理職になると夜勤がなくなるまたは減る、残業代が発生しないなど、これまで出ていた手当がなくなるという医療機関が一般的です。

昇進の話があった際、現職のままの方が年収が高いのであれば、昇進を望まないのも手段の一つだと思います。

そのため、昇進後の年収がどの程度なのか、給与規定や仲の良い先輩に聞くなど想定しておいた方が望ましいです。

資格があると看護師の給料は上がるのか

多くの医療機関で資格取得支援制度があります。

資格取得のためのセミナー受講支援や、資格取得後の祝い金、給与の追加手当などがあります。

勤務先の制度について調べることを推奨します。

特に専門看護師・認定看護師・認定看護管理者については、配置などによっては勤務先の診療報酬にもつながるため、資格取得を支援するだけでなく、取得後、取得者に対して手当などで給与を上乗せする医療機関が多いです。

資格取得のハードルは高いですが、キャリアアップのためにもご検討ください。

男の看護師は女性ウケするのか

今日、女性の社会進出が進み共働きの家庭が増えています。そのため女性の結婚観も変わり、高年収よりも年収400~500万円で安定している異性を好む傾向にあるというデータも出ているそうです。

男性看護師の強みは女性に囲まれている職場で勤務しているからこそ、女心がわかる、細やかな気遣いができることだと感じます。

また看護師のホスピタリティを持ち合わせており、出会いがあれば女性ウケする職種だと言えるのではないでしょうか。

男の看護師が給料UPを目指すためにすべきこと

給料

とにかく働く

夜勤回数を増やす、夜勤専従になる、ダブルワークが一例です。

看護師の夜勤手当は2交代で約10000-15000円程度が目安のため夜勤回数は年収に直結します。

本業をしながら夜勤明けの日に夜勤バイトを月3回程度ダブルワークで勤務されている方も中にはいらっしゃいます。

余暇の時間は減りますが、年収と経験を得ることができます。

しかし、仕事と休みのバランスを考える必要がありますので注意が必要です。

市場価値の高いスキルを身につける

医療の世界において専門的且つ時代にマッチしたニーズの高いスキルを持ったプロフェッショナルな人材は、市場価値が高くヘッドハンティングの対象になったり、ヘッドハンティングされないためにも現職の給与が上がるなど、年収アップの観点から有利に働きます。

今日の日本では、認知症ケアや在宅医療、高度急性期、終末期ケアなどは市場価値の高いスキルと評価されていると思いますが、10年後はどのスキルが求められるかは今のところ分かりません。

もし将来的な更なるキャリアアップを目指すのであれば、先見の目を持ち、スキル獲得に励む必要があると考えられます。

転職する

転職を機に年収アップを実現する男性看護師は多くいます。

実は、医療機関によって男性看護師は出世しづらい、男性の管理職登用実績がないなど、まだまだ女性社会の看護師業界において、不利な環境は考えられます。

これまでの経験を高く評価してくれる勤務先、男性看護師の管理職登用実績も多くあり、男女問わずフラットな評価を受けることができる勤務先など、転職を経て、より看護師というキャリアを磨いていくことができる職場を発見できるかもしれません。

とはいっても、年収をあげたいがどの医療機関がオススメなのか?

男性看護師が多数活躍している医療機関はどこなのか?

など転職に関してわからないことはたくさんるかと思います。そこで、男の看護師に強い転職サイトをご紹介いたします。

男の看護師におすすめの転職サイトはマイナビ看護師一択です。

マイナビ看護師

マイナビ看護師は以下のような点が特徴です。

マイナビ看護師がおすすめな理由
  • 豊富な実績と求人数
  • キャリアコンサルタントと会えるので、安心してサービスを受けることができます
  • 男性のキャリアコンサルタントも多数在籍しており担当は気軽に話せる男性の方が良い場合など柔軟な対応が可能

転職を視野に入れている人はまず登録し、今の自分の給料よりも高い求人が無いか探してみると良いでしょう。

看護師におすすめする転職エージェントは1社だけ!元エージェント社員が伝授

10月 13, 2019

男の看護師でも十分に給料UPは狙える

やる気

男性看護師は安定しながらも、高年収を狙っていける職種です。

年収アップには3つの手段があり、自分に合った方法で年収アップを目指しましょう。

男の看護師が給料UPさせるために
  • とにかく働く
  • 市場価値の高いスキルを身に付ける
  • 転職する

ABOUTこの記事をかいた人

野上 匠

営業系の会社員兼フリーライター。前職にて看護師の転職エージェントにて3年間勤務。看護師の転職事情や転職エージェントとの付き合い方など客観的で価値のある情報をお届けします。