「仕事辞めたい…」親に言えない悩みがあるときの解決策まとめ

ジャンプ

仕事辞めたい…でも親に言えないと思い悩んではいませんか?

筆者も新卒で入社した会社でこんなことを思った経験があります。しかし、せっかく通わせてくれた高校~大学までの背景を考えると辞めたいと親に切り出すのはなかなか難しいものです。

しかし、このままではとても辛い思いをしてしまうのはあなたです。今回はそこで仕事を辞めたいけど、親に言えないときの解決策 を探っていきます。

こんな悩みを抱えてる人へお話します
入ったばかりの会社で、仕事を辞めれない。

辞めたいと周囲に相談できない事情がある。

1.仕事を辞めたいけど親に言えないのはなぜ?

疑問

仕事を辞めたいけど親に言えない原因は、親を悲しませたくない、親に怒られたくないといった気持ちが大きい のではないでしょうか。就職先が決定したことを親に話したらどのような反応が返ってきたでしょうか。きっと喜んでお祝いしてくれた人が多いはずです。

仕事を辞めたときの親の落ち込む顔を想像してしまい言えなくなってしまいます 。特に入社1年目で仕事を辞めたいという場合はより言いにくくなります。

【後悔しない】1年目で仕事を辞めたい時の対処法まとめ体験談あり

9月 2, 2019

親を悲しませたくないという気持ちは子供なら誰しも思うことです。しかし、親を悲しませないために自分自身が苦しい状況に陥ってしまうことが正しい判断と言えるでしょうか。

今まで育ててくれた恩はあれど、あなたの人生です、自分自身の幸せを探すことが大切でしょう。また、親はあなたと長年一緒に住んできた存在。

子供のころを思い出せば怒られた記憶は数えきれないほどあるでしょう。自分が仕事を辞めたいと伝えた時の親の怒る姿が簡単に想像できる人もいるのではないでしょうか。

このように親を悲しませたくない、怒らせたくないといった親への思いやりが親に言いづらくなっている原因といえます。

また、親に言わないまま仕事を辞めるという選択肢が頭に浮かびます。しかし、相当疎遠な関係でもない限りあなたが仕事を辞めたという事をいつまでも隠し通すことは難しいでしょう。

それならばいずれは伝えることを念頭に、いつ伝えることが最も良いのかを考える必要性があります。

2.仕事を辞めることを親に言えないのは将来の計画不足が原因かも

ここで少し親の気持ちを考えてみましょう。

「仕事辞めることにしたんだ…」と子供に言われた場合どのように考えるでしょうか。辞める原因は?これからの生活は?色々な不安が思い浮かびますね。

特に親世代というのは終身雇用が当たり前の時代であり、転職は普通しないものです。退職にはとてもネガティブなイメージを持つでしょう。この親の考える不安や悪いイメージを払拭することが大切です。

あなた自身も転職することを不安に感じたり、今の会社を辞めていいのか、転職はリスクが大きいのではと考えてしまうかもしれません。

仕事を辞めたいときどうするのがいいか分からない人は以下の記事も参考になるでしょう。

副業

【体験談】仕事を辞めたいときどうする?やるべきこと5選

9月 4, 2019

しかし、今の時代は転職する人も多く、転職は今よりいい会社に行くための手段であり、生活向上につながる手段です。

あなた自身のつらい状況を打開させてくれるというポジティブな面を親にも伝えましょう。親の感じる不安に対しては仕事を辞めることを伝えるタイミングで解消することができます。

仕事を辞めることを決意してからすぐに言う必要は全くありません。「仕事を辞めてから今後の生活はどうするのか。」「新しい仕事はどうするのか。」

この二つが決まっているのとそうでないのとでは大きな違いがあります。仕事を辞めたいという悩みを親に言えないのはこの計画が定まっていないから とも言えます。

つまり、親に伝える前に今後の計画を練っておくことが重要になるのです。

3.仕事を辞めるために今後の計画を作ろう

計画

仕事を辞めることを考えているのなら、今後の人生の計画を立てる必要があります。転職という事なら目指すべきゴールは再就職でしょう。

転職活動は仕事を辞めてから始める必要はありません、次の就職先が決まってから会社を辞めることも可能です。今の職場の問題点、不満な点を考えながらどのような職に就きたいかを考え、次の職場探しをしましょう。

現代のネット社会、転職エージェントもスマホで簡単に登録することが可能です。転職サイトを使い、次の職場探しを始めてると具体的な計画が立てやすいです。

このように計画を立ててから両親に伝えたらどうなるでしょうか。

ただ仕事を辞めるというマイナスのイメージとは大幅に違い、これから新しい人生に進みたいという意思や、転職を通して成長しようとしていることが親にも伝わります。

次の転職先まで決まっているのなら不安も少なく、反対する人はほとんどいません。自分の将来のことを考えるなら転職をするといった前提条件を貫き通せるような状況を作ることが重要です。

転職は人生において、とても大きなターニングポイントになります。あなた自身の人生なのですから、自分自身の決断が最も大切です。

それでも親はとても大事な家族。大切な相手だからこそ悲しませたくない。でも自分の幸せも見つけたい。どちらも両立するためにまずは具体的な計画作りから始めてみましょう。

この記事のまとめ
仕事辞めたい…という悩みを親に言えないのは皆同じ。まずは将来の計画作りをしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

末神東次

20代男性。日本大学卒業後、東証一部上場の調味料メーカーへ勤務。3年目で退社し現在フリーランスでライターとして活動中。勤務先で得た営業経験、退社後に経験した転職サイトの利用歴を活かした記事を書いています。