派遣だけど仕事辞めたい…こんな時の悩みと対処法まとめ

悩む

「せっかく入った派遣だけど仕事辞めたい …」

派遣でも仕事を辞めたい と言うと無責任と言われるのが怖い」

派遣で仕事を辞めたいと考えたことがある方なら、誰でも一度は考えたことがあるはずです。

この記事では派遣の仕事を辞めたいときの対処法を、その原因別で紹介していきます。

具体的に派遣の仕事を辞める手順や、辞めたあとの手続き、転職先の選び方まで解説していきます。

この記事で分かること
  • 派遣で仕事を辞めたくなる本当の原因
  • 派遣の仕事をスムーズに辞める方法
  • 派遣の契約途中で辞めたくなった場合
  • 派遣で契約をしてすぐに辞めたくなった場合
  • 派遣を辞めたあとにどうなるのか

派遣で仕事を辞めたいのは環境のせいがほとんど

仕事辞めたい

派遣で仕事を辞めたくなるのは、環境のせいであることがほとんど です。

あなたが派遣を選んだのはなぜですか?

正社員ではない気軽さ、短期で働きたい、業種の経験をしたい、正社員になれなかったから仕方なく、などででしょうか。

ちょっと待って下さい。

そもそも派遣という仕事自体、上記のような希望を本当に叶えることが出来るのか真剣に考えてみましょう。

企業が派遣を雇うときの理由の多くが人手不足です。

なぜ人手不足が起こるのでしょう。

女性の休職や繁忙期による一時的なものもありますが、多くの人が辞めていく環境であることも1つの要因です。

人手が足りなくなったうえ、正社員が増えない理由は一体どこにあるのでしょうか。

それは労働環境が悪いこと、癖のある従業員がいることなど、働き続けるのがむずかしい環境だと考えられます。

そして、気軽さ・短期で働きたくて派遣にしたはずが、仕事量やスピードといった即戦力を求められます。

空いた正社員の分の仕事を任せられるので、求める仕事の質は、派遣との認識と大きく違ってきます。

上司や社内も余裕がないために厳しく怒られる、やつあたりされることもあります。

仕事が難し過ぎる、残業をさせられるなどの文句が出てきても仕方ありません。

他にも企業が派遣を雇う理由は、雑用を任せたい、臨時の人員の確保をしておきたいなどといったケースもあります。

こういったところでは特定の業界の経験を積みたいという派遣社員の意欲を発揮できません。

企業と派遣社員が働く条件には、認識のズレが生じやすいのです。

また、働きづらい環境である企業の可能性が高いためにハズレを引きやすいです。

そのために、多くの派遣が悩みを抱えています。

もしあなたが今、派遣で仕事を辞めたいのであればそれはあなたが弱いからではありません。

派遣という環境にこそ問題があるのです。

派遣の仕事を辞めたいときどうすべきか、契約期間ごとに解説

伝える

契約満了で辞めるのが一番です。

しかし契約満了まで長かったり、契約終了を聞いてもらえずに続いてしまったりということもありますね。

しっかりとした手順をおこなえば、辞めることは可能です。

派遣の契約途中に辞めたくなったら

辞める1か月前には派遣会社に伝えましょう。

1か月あれば、派遣会社も次の人員の用意や、辞める際の手続きに余裕をもてます。

このとき、仕事場には伝わらないよう、注意が必要です。

あなたを雇っているのは仕事場ではなく、派遣会社です。

派遣会社は企業に依頼されて、人員を提供しています。派遣会社と企業はサービス提供者とお客様という関係なのです。

そこで、派遣会社が知らないうちに、提供した人員が企業に伝えてしまうと、派遣会社はコミュニケーションもとれておらず、教育もしていないような人員を提供したと思われてしまい信用を失ってしまいます。

派遣会社にも迷惑をかけないために、まずは派遣会社の担当者に連絡をしましょう。

辞める理由は正直に話しても問題ありませんが、もちろん担当者は辞めないように説得してくるでしょう。

「もう少し頑張りましょう」「様子見すれば変わるかもしれない」といった言葉を返されることを想定しておく必要があります。

良い担当者なら、仕事先の企業に要望を伝えてくれるかもしれません。要望が通った結果、働きやすくなり、やめずに済むということもあります。

改善の余地があると思うなら、正直に担当者へ伝えることをおすすめします。

体調不良や家庭の事情、正社員採用など、やむを得ない理由のときはスムーズに辞められることが多いです。

仕方のないことなので、遠慮なく派遣会社に知らせましょう。

派遣の仕事を即日で辞めたいとき

あまりに労働環境が悪い、働く条件と違っている、続けていく自信がないとき。

1か月も耐えられないという声をよく聞きます。

派遣会社の営業も、お客様である企業の悪い点を知らせすぎないこともありますし、現場に行かないとわからないこともあります。

「自分には我慢が足りないのではないか?」

こんな不安を抱えてしまう方もいるはずです。

人間関係や仕事が合わないという理由を担当に正直に話したところで、「もう少し頑張りましょう」と言われることは間違いありません。

それでも、辞めたい意思を強く伝えることが大切です。

または、体調不良や家庭の事情など、やむを得ない事態を伝えましょう。

体調不良は病名などを伝えず、体の不調を訴えます。

ただ、この方法だと、派遣会社からあなたへの信用はなくなり、次に良い仕事場は紹介されないおそれがあります。

即日で辞めたいときは、派遣会社も変える覚悟をもちましょう。

しかし、「契約外のことをさせられている」「残業が多い」など派遣会社に過失がある場合、しっかり伝えれば、スムーズに辞められます。

そこで、その派遣会社を信用していけるのか、別の派遣会社にかえるのか、判断が必要です。

辞める時は電話やメールでは終わらない

対面で伝えることが一番だとわかっていることですが、気まずかったり、意見を通す自信がなかったりしますよね。

電話やメールで済ませてしまいたいところですが、担当者は面談の約束を必ずとりつけてきます。

結局、辞めることを強く主張して、交渉しなければいけません。

しっかり伝えたいことをまとめておき、質問と回答例を考えておくなど万全の準備をしておきましょう。

派遣の仕事辞めたいけど、辞めたあとはどうなる?

不安

派遣の仕事を辞めること自体は少し勇気を振り絞ればあとは勝手に話が進んでいきます。

そのため心配することはあまりありません。

むしろあなたが心配すべきは派遣の仕事を辞めたあとのことです。

辞めたあとももちろん生活費を工面しなければいけません。

こういった状況においてどうすべきか解説していきます。

今の派遣先で再就職できるのか?

契約期間を満了して辞めた、派遣会社に過失があってすぐに辞めた場合は、新しい仕事場をすぐに紹介してもらえます。

ただ、あなたが勤めている派遣会社を信用できないと感じてしまっているなら、派遣会社をかえた方が良いかもしれません。

人間関係や仕事が合わないなどの理由で即日に辞めたのなら、勤めている派遣会社は辞めた方が無難です。

担当があなたを契約を守れない人という印象をもってしまっているため、次に仕事を紹介されたとしても、あまり人が行かないような企業を紹介される可能性があります。

体調不良ややむを得ない状況で辞めた場合も、すぐに仕事を紹介してもらうことはむずかしいです。

新しい派遣会社を探しましょう。

健康保険や年金などの手続きは?

▼次の派遣会社が決まっている場合

就業時間などがほぼ同じく、就業開始までの期間が短ければ保健の各種手続きは今の派遣会社と次の派遣会社がおこなってくれます。

その際、手続きに必要な書類の提出を求められるので忘れずに提出しましょう。

▼派遣会社が決まっていない・次の就業まで1か月以上がかかる場合

健康保険や国民年金など、自分で被保険者になる手続きをおこなう必要があります。

手続きせずにいると、病院にかかった費用はすべて自己負担になりますし、あとから年金などの金額をまとめて請求されるおそれあるので、ご注意ください。

新しい派遣会社の選び方

評判が良い派遣会社に行くことがもちろんですが、担当者との相性も大切です。

相談がしやすい雰囲気であるか、意見を聞き入れてくれそうか、会って確認しましょう。

そして、しっかり担当者に自分の希望を伝えることが大切です。

まずは自分が派遣としてどう働いていきたいのか、どんな職場が自分に合っているのか、希望の給料など。

自分の働き方とズレがないようにしましょう。

気軽さや、短期で働くことが重要なら、人手不足が原因である可能性が大きい中小・零細企業の応募はおすすめしません。

意欲的・キビキビと働きたい方は、中小・零細企業を選ぶことで、生き生きと仕事ができる可能性が高いです。

自分が求める仕事・働き方を分析すること。担当者との相性、派遣会社・担当者を信用できるか。

これらの確認を徹底して、新しい派遣会社にのぞみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

上村 大輔

20代男性。九州の三流私大卒。新卒で日本生命相互保険会社へ総合職として入社。入社一年目で営業成績首席。2年目の本社勤務でAI関連プロジェクトに携わったのち退社。現在は当メディアの代表及びWEBマーケティング、SEO、SNSマーケティング事業などに着手。転職だけでなく独立という視点での情報提供をサポートします。